当院は東京都板橋区にあるIMSグループの病院です。厚生労働省臨床研修指定病院 日本医療機能評価機構認定病院 東京都がん診療連携協力病院 English 中文

IMSグループ医療法人社団明芳会 板橋中央総合病院 / 板橋中央総合病院附属 板橋セントラルクリニック

お電話でのお問い合わせ(24時間365日対応) 03-3967-1181
トップページ 院内設備・検査機器

病院のご紹介

院内設備・検査機器

一般撮影(X線撮影装置)

一般撮影(X線撮影装置)

俗称でレントゲン撮影と言われる検査で、胸・腹・骨などをX線撮影します。放射線を身体に当てて透過した放射線の量によって影絵の濃さの度合いを写真として表す検査方法で、一般的にあらゆる病気に対して最初に行われる検査の一つとなります。

当院では、救急搬送された患者さま向けと、通常の受診者さま向けに計3部屋用意し、緊急時の救命救急にも対応しております。

  • SHIMADZU社製: RAD speed PRO

CT(コンピューター断層撮影法)

CT検査

CT検査では、CT装置の大きな円筒状の穴の中に仰向けに寝たまま身体を入れて検査をします。CT装置は、X線とコンピュータを使い、身体の輪切りの写真を撮ることで、身体の内部構造が詳しく分かる検査機器です。 主に虚血性心疾患と呼ばれる心臓病では、心臓の筋肉に酸素と栄養を供給する冠動脈の狭窄や、一時的閉塞で生じる狭心症と、冠動脈の完全な閉塞から起こる心筋梗塞の2つがありますが、当院ではこの冠動脈血管の描写に64列 Dual Source (2管球)搭載型CT装置を導入し、心臓病の早期発見及び治療に活躍しております。

こちらも、一般撮影(X線撮影装置)同様に、通常検査用とは別に救急CT検査室を用意して救急患者さまに対応しております。また、80列マルチスライスCT装置を平成28年2月24日導入致しました。

  • SIEMENS社製: SOMATOM Definition
  • TOSHIBA社製: Aquilion PRIME Beyond Edition
CT検査
マルチスライスCT
マルチスライスCT当院CT施行例

CTとはComputed Tomography(コンピューター断層撮影法)の略です。

装置が体の周りを回転しながらX線を照射することで体の断面の画像が得られます。当院のマルチスライスCTでは従来のCTよりも、より短時間で、より広範囲を、より高精細に撮影することができます。

撮影で得られたデータをコンピューター処理することによって3D表示することや、造影剤を使用することによって血管の走行を表示することができます。また当院のCTの特徴として当別な前処置なしでも心臓CTを撮影することが可能になりました。

CT検査のメリット
CT検査のデメリット

MRI(磁気共鳴画像装置)

MRI(磁気共鳴画像装置)

強力な磁石でできた筒の中に入り、磁気の力を利用して身体の臓器や血管を撮影する検査機器です。MRI検査では、縦、横、斜め、あらゆる方向から撮影することができます。

主に脳や脊椎、膝、肩、子宮、卵巣、血管などの検査を得意としており、あらゆる臓器のがん、腫瘍、結石、脳出血、脳梗塞、くも膜下出血、動脈瘤などの早期発見、診断MRI検査は有効とされています。

磁場強度1.5テスラ(1テスラ=10000ガウス): エレキバンの強さは1000ガウスですがMRIでは15倍の15000ガウスの非常に強い磁場が発生しています。

MRI検査の注意事項

  • GE社製: HDxt1.5T
  • SIEMENS社製: VANTO 1.5T
MRI検査

強い磁石と電波を使って体の状態を断面像として写し出します。

体内の水素原子が持つ弱い磁力を強力な磁場でゆさぶり、原子の状態を画像にします。患者様にはベッドに寝た状態で磁石のトンネルの中に入ってもらい電波を体に当てることによって、体の中から放出される信号を受け取り、コンピューターで計算し体内の様子を画像として表します。

MRI検査の特徴

X線TV

X線TV

X線TVは、画面にリアルタイムで観察部位が写し出される装置です。観察をしながら向きを変えたり、圧迫したりして、最も見やすい状態にして撮影することができます。

  • SHIMADZU社製: Sonialvision
  • TOSHIBA社製: Ultimax

血管造影検査(アンギオ検査)

血管造影検査(アンギオ検査)

カテーテル(細い管)を鼠径部(ももの付け根)の動脈から肝臓や腎臓、脳の血管まで挿入し、造影剤を使用して血流や腫瘍の分布状況や、血管の狭窄や閉塞を知るための検査です。

  • 心臓用バイプレーンアンギオ装置 SIEMENS社製: Artis zee BC

    循環器疾患の検査・治療装置です。心臓カテーテル検査や、狭心症・心筋梗塞・不整脈・下肢血管狭窄などの治療に使用します。

RI(核医学)

RI(核医学)

核医学とは、ごく微量の放射線を出している薬を目印として用い、病気の診断や治療をする医学の専門分野です。

当院ではRI検査と呼んでいます。放射性医薬品を静脈投与しますと、特定の臓器や組織に取り込まれそこで放射線を出します。これを「シンチカメラ」と呼ばれる特殊なカメラで測定し、その分布を画像にします。放射線の測定は大変高い感度で行えますので、ごく微量で安全に、苦痛もなく身体の各部分の携帯や機能を画像にすることができます。主に、骨の炎症・脳の血流・心筋の血流をみる検査に使用されています。

  • SIEMENS社製: Symbia T16

    ガンマカメラと診断用CT(16列)を統合したSPECT-CTです。

RI検査

核医学検査はRI(アール・アイ)検査とも呼ばれています。微量の放射線同位元素(ラジオアイソトープ:RI)と、臓器や組織に特異的に集まる薬が合わさったもの(放射線医薬品)を使って病気の有無を調べる検査です。

目的とする臓器や組織に集まった薬は、そこから放射線を体外に向けて放出しますので、それをガンマカメラと呼ばれる専用のカメラを用いて画像にします。この画像から臓器の形や働きがどのようになっているかがわかる検査です。通常のX線検査はX線を体に照射し透過したX線を画像にしますが、核医学検査は放射線を出す物質を体内に投与し体外から測定します。

RI検査のメリット
RI検査のデメリット
CT画像とSPECT画像
CT画像との合成

マンモグラフィ(乳房撮影検査)

SIEMENS社製:MAMMOMAT Reveletion

SIEMENS社製:MAMMOMAT Reveletion

乳房のしこりや皮膚のひきつれが見つかった時に、がんかどうか調べるために行う検査です。

主な病気としては乳がん、乳腺腺筋腫(良性腫瘍)、乳腺症などが検査できます。

なお、当院では女性特有の疾患(乳房、子宮卵管撮影など)に関しては女性の放射線技師が撮影を概ね担当していますので、お気軽にご相談ください。

骨塩定量(骨密度検査)

Hologic社製:Explorer

Hologic社製:Explorer

骨密度とは、骨の強さを評価するための指標です。

骨密度測定検査では、骨を構造しているカルシウムなどのミネラルがどの程度あるかを測定しています。当院では、DEXA法を用いて腰椎と大腿骨頸部(股関節辺り)の骨密度を測定します。

リニアック(放射線治療装置)

リニアックとは、がんのかたまりとその周囲のがん細胞を死滅させるため、体外から皮膚を通して放射線を照射する外部放射線治療を行う装置です。

サイバーナイフ(放射線治療装置)

サイバーナイフとは、放射線ビームを精密に集中させることにより、がん細胞に対してピンポイントで放射線を照射する定位放射線治療を行う治療装置です。

ダビンチ(手術支援ロボット)

2019年4月より最新型の手術支援ロボット「ダビンチXi」導入しました。
ダビンチの詳しい情報は特集ページでご紹介しております。

前立腺癌の根治を目指す手術支援ロボット「ダビンチ」
Page Top