当院は東京都板橋区にあるIMSグループの病院です。厚生労働省臨床研修指定病院 日本医療機能評価機構認定病院 東京都がん診療連携協力病院 English 中文

IMSグループ医療法人社団明芳会 板橋中央総合病院 / 板橋中央総合病院附属 板橋セントラルクリニック

お電話でのお問い合わせ(24時間365日対応) 03-3967-1181
トップページ ごあいさつ

病院のご紹介

ごあいさつ

医療をとりまく環境は、高齢化社会、疾病構造の変化や患者ニーズの多様化など大きな変貌の時を迎えています。私どもIMS(イムス)グループでは創設以来「愛し愛されるIMS」を理念に、医療提供者であるスタッフの心が常に“for the patient”になる事を目標にかかげてきました。

そのIMSグループの基幹病院である当板橋中央総合病院は、高度先進医療機器やコンピュータによる設備管理といったハード面の充実だけでなく、全スタッフが最高の医療技術とコミュニケーションを患者さんやその家族一人ひとりに提供し、安心して医療を受けていただけるよう努力しているものであります。

今後はさらに教育の整備や福祉の充実を図り、地域医療に一層の貢献を果たしたいと願っております。

院長/麻酔科主任部長 新見 能成
院長/麻酔科主任部長 新見 能成
診療科
麻酔科
出身大学
順天堂大学 (昭和55年卒)
主な勤務病院
  • 順天堂大学麻酔学教室講師
  • 帝京大学附属市原病院助教授
  • 帝京大学附属板橋病院助教授
  • 板橋中央総合病院 麻酔科 平成17年4月入局
専門医認定/資格等
  • 日本麻酔学会指導医
  • 日本麻酔学会代議員
  • 厚生労働省麻酔科標榜医
  • 日本心臓血管麻酔学会理事

板橋中央総合病院には3つの大きな使命があると考えております。一つは地域の急性期病院として患者さまのニーズを第一に考えた医療サービスを提供すること。一つはエビデンスに基づいた医療を豊かな人間性の中に提供できること。一つは臨床研修指定病院として良質な医師を育成することです。私たちは、多くのグループ病院を有する利点を十分に活かし、これらの目標を高い水準で達成することを約束します。
日本の医療システムは転換期にあります。しかし板橋中央総合病院はそうした中でこそ『安全で最適な医療を提供し、「愛し愛される病院」として社会に貢献する。』という基本理念をしっかりと温めて活動します。医療スタッフ一人一人が信用を共有財産とし、常に新しい知識と技術を求め、医療提供者としての良心に基づいてチームワークを発揮します。先進的な医療を安全に提供できる病院として患者さまや地域の医療機関など、私たちと関わるすべての人たちから信頼され、愛される医療サービスを提供していきます。

院長補佐/内科統括部長 塚本 雄介
院長補佐/内科統括部長 塚本 雄介
診療科
腎臓内科
専門分野
腎臓内科
専門医認定/資格など
  • 日本内科学会認定内科医・指導医
  • 日本腎臓学会指導医
  • 日本透析医学会指導医
  • 厚生労働省認定難病指定医
  • 東京都身体障害者福祉法指定医(腎臓機能障害の診断)

平成23年2月から赴任しております。専門の腎臓内科では30年以上のキャリアがあり、現在では内科全体の統括も担当しております。当院の特徴は、医療のほぼ全領域で地域の疾病の診療にあたることが出来る、という点です。その中でも内科には、各医師の専門分野にとらわれず患者様の病状を全体的に把握して疾病の治療にあたることが要求されているため、患者様の苦痛が解決されていないにも関わらず「〇〇科では異常ありません」と言って、診療を途中でやめることはあってはならないと考えております。勿論、急性期の総合病院として優れた各専門分野の医療技術も駆使して疾病の治療にあたらせて頂きます。

特任副院長/ロボット手術センター長/泌尿器科診療部長 吉岡 邦彦
特任副院長/ロボット手術センター長/泌尿器科診療部長 吉岡 邦彦
診療科
泌尿器科
専門分野
  • ロボット手術
専門医認定/資格等
  • 日本泌尿器学会泌尿器科専門医・指導医
  • 医学博士
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医

2019年4月に特任副院長・ロボット手術センター長・泌尿器科診療部長として赴任いたしました。 専門は泌尿器科癌、特に前立腺癌や膀胱癌に対するロボット手術です。 泌尿器科では、ロボット手術は2012年の前立腺癌に対する前立腺全摘除術に続き、2014年に小径腎癌に対する腎部分切除術、 2018年に膀胱癌に対する膀胱全摘除術が保険収載され、近い将来には泌尿器科メジャー手術はすべてロボット手術に置き換わる勢いで普及しています。 普及した理由は、癌制御や機能温存はもとより、術後疼痛や術後社会復帰などにおいて患者さんに優しい治療であったからです。 当院ではまず泌尿器科でロボット手術を立ち上げますが、外科、婦人科の先生方のご協力のもと幅広い領域でロボット手術を開始できればと考えております。

副院長 加藤 良太朗
副院長/総合診療科主任部長 加藤 良太朗
診療科
内科(総合診療科)
専門分野
  • 内科一般、集中治療医学
専門医認定/資格等
  • 厚生労働省麻酔科標榜医
  • 米国内科学会(ABIM)内科専門医
  • 米国内科学会(ABIM)集中治療専門医
  • 日本内科学会総合内科専門医・認定医
  • 厚生労働省臨床研修指導医講習会修了

2015年9月に副院長として赴任いたしました。内科(総合診療科)を担当させて頂きます。当院に赴任する以前は、米国にて14年間、総合内科、集中治療、そして患者安全などを主に研鑽を積んでまいりました。海外に出て初めて知ったことの一つに、日本に帰国したときに感じる何とも言えない「安心感」があります。その理由はさまざまでしょうが、その一つには安全性というものがあると思います。当院では、患者様、そしてそのご家族の方々に「板中に来たからもう安心だ」と感じて頂けるような安全な病院作りを目指しております。また、当院は、厚生労働省臨床研修指定病院です。内科(総合診療科)では、国内外で活躍するスタッフのもと、比較的若い医師が特に多く診療にあたります。皆、厳しい選抜を勝ち抜いてきた、最高の医療を提供したいという気持ちは誰にも負けないような医師達です。患者様そして地域の為に精一杯頑張りますので、どうぞ宜しくお願い致します。

副院長/産科・婦人科主任部長 石田 友彦
副院長/産科・婦人科主任部長 石田 友彦
診療科
産科・婦人科
専門分野
  • 周産期医学、不妊症、婦人科腹腔鏡
専門医認定/資格等
  • 日本産科婦人科学会専門医・指導医
  • 産科・婦人科内視鏡学会技術認定医
  • 東京都医師会(東京産科婦人科医会)母体保護法指定医
  • 日本周産期新生児学会新生児蘇生法「専門」コースインストラクター
  • 日本女性医学会専門医

2017年4月より副院長を拝命致しました。専門は産科・婦人科で、大学および関連病院で25年以上にわたり婦人科・産科・新生児医療に従事してまいりました。また、ART(生殖補助医療)に従事した経験もございました。その知識を生かし、現在当院では不妊専門外来も行っており日々多くの患者さまの診療を行っております。産科・婦人科は板橋中央産院の時代より診療を続けてまいり、これまでに50,000人以上の産婦さんが当院で出産され、新しい命が誕生しております。そのため、産科のイメージが大きいようですが、救急部門体制の強化もあり婦人科疾患も24時間体制で対応しております。安全にきちんとした医療が提供できれば、患者様に安心を与えることが出来ます。これを肝に銘じ、精一杯努力する所存です。どうぞ、宜しくお願い致します。

副院長 髙𣘺 昌里
副院長 髙𣘺 昌里
診療科
小児科
専門分野
  • 小児科全般
  • 小児腎臓病
  • 夜尿
専門医認定/資格等
  • 日本腎臓学会腎臓専門医
  • 日本腎臓学会認定指導医
  • 日本小児科学会小児科専門医

2018年4月に副院長として着任いたしました。私は1977年日本大学医学部を卒業し小児科での研修の後1981年に静岡県立こども病院に赴任し、重症紫斑病性腎炎のパルス・ウロキナーゼ療法を開発、また腎検診から腎移植まで小児腎疾患の総合診療を確立ました。その後大学小児科に戻り幅広い小児科の診療、教育、研究、そして教室や病院のマネジメントを実践しました。当院では副院長として病院のマネジメントを担当するほか、周産期・小児センターを開設すべく準備を進めています。センターの使命は「妊娠出産と子育てを医療で支える」です。センターでは小児の総合診療・救急・新生児医療を主軸に、病児と保護者の安心・安全・快適性・利便性を叶え、また「病院のこども憲章」を遵守して入院による患児や家族の生活のストレスをできる限り軽減する新しいスタイルの小児科診療を実現したいと考えています。どうぞよろしくお願い申し上げます。

副院長/心臓血管外科主任部長 村田 聖一郎
副院長/心臓血管外科主任部長 村田 聖一郎
診療科
心臓血管外科
専門分野
  • 成人の心臓血管外科手術
  • 心拍動下冠動脈バイパス手術
  • 補助循環
経歴
  • 宮崎医科大学卒業
  • 三井記念病院 外科
  • 自治医科大学附属さいたま医療センター講師
  • スタンフォード大学 胸部心臓外科
  • 板橋中央総合病院 心臓血管外科部長(2005年4月入局)
専門医認定/資格等
  • 医学博士(自治医科大学乙第405号)
  • 日本外科学会指導医(第S007592号)
  • 日本胸部外科学会指導医(第393号)
  • 心臓血管外科専門医(第5101240号)
  • 心臓血管外科専門医修練指導者(第10-595号)
  • 循環器専門医(第21426号)
  • 日本心臓血管外科学会国際会員(第242-3713号)
  • 日本冠疾患学会特別正会員(FJCA)、同評議員
  • 東京都身体障害者福祉法指定医(心臓機能障害)

2005年4月より地域の循環器診療の一翼を担うべく活動して参りましたが、この度、副院長を拝命いたしました。超高齢社会を迎え、疾患構成も複雑化しております。板橋中央総合病院を受診された患者さんがワンストップで最良、最適な医療を受けていただけるよう、ますます努力して行きたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。