当院は東京都板橋区にあるIMSグループの病院です。厚生労働省臨床研修指定病院 日本医療機能評価機構認定病院 東京都がん診療連携協力病院 English 中文

IMSグループ医療法人社団明芳会 板橋中央総合病院 / 板橋中央総合病院附属 板橋セントラルクリニック

お電話でのお問い合わせ(24時間365日対応) 03-3967-1181
トップページ 病院情報の公表

病院のご紹介

病院情報の公表

年齢階級別退院患者数

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 35 132 423 718 965 1,086 1,903 3,097 2,501 747

※患者数10未満はハイフン(-)表示

平成30年4月1日から平成31年3月31日までに退院された患者様を対象とした年代別の件数です。

当院では0歳から100歳以上と、幅広い年齢層の患者様にご来院いただいております。
70歳代が26.7%と最も多く、50歳以上の患者様が全体の約80%を占めております。

地域別では約60%が板橋区在住の患者様となっております。
当院が東京都の区西北部に位置し、埼玉県とも隣接してることから埼玉県在住の患者様も多く、基幹病院として地域に密着した医療を提供できるよう日々取り組んでおります。

診断群分類別患者数等(診療科別上位5位)

内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 47 15.77 12.58 12.77% 79.51
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 30 22.87 20.92 26.67% 87.53
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 手術・処置等2なし 24 8.25 6.24 4.17% 73.79
100380xxxxxxxx 体液量減少症 23 11.04 9.12 8.70% 81.96
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 22 6.91 7.28 9.09% 62.77

当院の内科では、他科と協力し、尿路感染症や誤嚥性肺炎、一過性脳虚血性発作など内科系疾患の治療を幅広く行っております。
ご高齢の患者様が多いため在院日数も全国平均と比べ長く、転院率も高くなっております。

呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 69 24.38 20.92 21.74% 85.45
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 43 4.56 3.43 0.00% 71.65
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし A-DROP スコア2 30 15.60 15.17 13.33% 85.13
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 30 24.87 19.06 16.67% 74.47
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし A-DROP スコア1 27 16.70 13.46 7.41% 84.37

当院の呼吸器内科では、気管支喘息などの慢性呼吸器疾患から肺炎などの呼吸器感染症まで幅広く治療を行っております。
近年では、肺癌や高齢者の肺炎が増加傾向にあり、肺癌に対してはCT検査や気管支鏡検査にて診断、外科的手術や化学療法による治療を行っております。
平成29年6月より呼吸器病センターを開設し、呼吸器外科と連携を強め、治療にあたっております。

消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 141 10.15 10.08 4.96% 73.35
060140xx97x00x 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 43 9.05 10.58 11.63% 73.16
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 42 6.45 7.75 0.00% 64.79
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 40 7.47 7.40 7.50% 67.10
060350xx99x00x 急性膵炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 31 9.58 11.23 9.68% 55.84

当院の消化器内科では、「胆管(肝内外)結石、胆管炎」の患者様に対する内視鏡的治療を多く行っております。
また、胃がんや大腸がんなどの内視鏡的治療、各種消化器がんの化学療法、放射線療法にも力を入れております。
またカテーテル挿入と抗がん剤注入を同時に行う、経カテーテル的肝動脈塞栓療法(TACE)などの肝がんに対する治療も積極的に行っております。
平成29年4月より消化器病センターを開設し、外科との連携を強め患者様に適した治療を提供しております。

外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 115 3.77 4.96 2.61% 70.22
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 110 4.27 6.52 0.00% 57.38
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 78 7.17 8.95 3.85% 70.78
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 78 4.50 7.30 1.28% 57.32
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 61 3.84 5.49 3.28% 41.20

当院の外科では、鼠径ヘルニアの患者様が最も多く入院しております。
また、24時間365日体制にて診療を行っているため、手術が必要な緊急性の高い患者様も多く来院されております。
がんなどの悪性腫瘍に関しては、外科的治療から化学療法、放射線療法まで多岐に渡り治療を行っております。
腹腔鏡下における手術件数が多く、患者様の早期回復に大きく寄与しております。
平成29年4月より消化器病センターを開設し、消化器内科と連携を強め患者様に適した治療を提供しております。

整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 263 21.65 26.30 64.64% 82.15
160760xx97xxxx 前腕の骨折 手術あり 129 3.97 5.68 2.33% 61.94
160700xx97xx0x 鎖骨・肩甲骨の骨折 手術あり 副傷病なし 49 3.71 6.07 0.00% 52.08
160720xx01xxxx 肩関節周辺の骨折・脱臼 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿等 42 13.76 15.48 28.57% 75.55
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 40 20.80 22.27 7.50% 68.80

当院の整形外科では、股関節大腿骨近位骨折に対して手術する高齢の患者様が多く入院しております。
高齢化に伴い、転倒による外傷・骨折も多いため、骨折治療における合併症対策にも力を入れております。
他にも肩関節や手外科専門医による上肢から手関節の治療も積極的に行っております。
また、術後のリハビリも充実しており、早期に社会復帰できるよう支援しております。

形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 13 4.46 5.37 0.00% 47.38
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1なし - - 12.51 - -
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) その他の手術あり 手術・処置等1なし - - 4.86 - -
100100xx97x1xx 糖尿病足病変 手術あり 手術・処置等2あり - - 48.53 - -
180060xx97xxxx その他の新生物 手術あり - - 6.33 - -

※患者数10未満はハイフン(-)表示

当院の形成外科では、顔や手足などの身体表面の傷や変形などをきれいに治す治療を行っており、顔面損傷や皮膚の悪性腫瘍などの症例を扱っております。

脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 69 20.71 18.72 47.83% 71.32
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 58 19.03 16.18 43.10% 69.66
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 50 10.54 7.35 14.00% 69.20
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 36 11.11 9.69 11.11% 74.83
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 32 14.09 11.80 21.88% 77.25

当院の脳神経外科では、頭蓋内損傷・血腫や脳梗塞の治療が多い傾向にあります。
急性期脳梗塞に対しては早期リハビリ介入にも力を入れており、血栓溶解療法(t-PA療法)も行っております。

呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 手術なし 手術・処置等1あり 112 2.00 2.04 0.00% 51.54
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 101 7.21 10.08 0.00% 34.02
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 93 13.55 11.87 2.15% 72.84
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 57 11.37 10.00 0.00% 71.93
040200xx99x00x 気胸 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 42 7.67 8.98 7.14% 54.12

当院の呼吸器外科では、気胸や肺癌などの治療だけではなく、睡眠時無呼吸症候群の検査も積極的に行っております。
近年では、肺がんに対する入院症例、手術件数も多くなってきました。
また、日本呼吸器外科学会の基幹病院に認定されており、より質の高い医療の提供を実践しております。
平成29年6月より呼吸器病センターを開設し、呼吸器内科と連携を強め、治療にあたっております。

心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢
050180xx02xxxx 静脈・リンパ管疾患 下肢静脈瘤手術等 48 2.98 2.85 0.00% 65.38
050163xx03x10x 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2-1あり 副傷病なし 40 11.40 16.06 2.50% 74.22
050080xx0111xx 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1-1あり 手術・処置等2-1あり 16 26.13 37.34 12.50% 72.00
050161xx99000x 解離性大動脈瘤 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 13 15.62 17.40 0.00% 73.31
050161xx01x1xx 解離性大動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2-1あり - - 24.36 - -

※患者数10未満はハイフン(-)表示

当院の心臓血管外科では、主に下肢静脈瘤、大動脈瘤の患者様に対する手術を行っております。
開胸や開腹せずに行える、身体への負担が少ないステントグラフト治療を積極的に行っていることも特徴の一つです。

産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 116 5.80 6.16 0.00% 42.78
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 114 8.92 9.70 0.88% 33.56
120200xx99xxxx 妊娠中の糖尿病 手術なし 104 4.33 5.75 0.00% 33.88
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 69 9.13 9.87 0.00% 46.97
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 68 6.71 6.28 0.00% 43.96

当院の産婦人科では、子宮筋腫や卵巣腫瘍などの婦人科疾患に対する治療を積極的に取り組んでおります。
分娩目的で入院される方には「かるがも号」という病院車両での送迎も24時間365日体制で行っており、安全性の担保も可能となっております。

眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 手術あり 両眼 310 1.55 5.39 0.00% 74.49
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 片眼 180 1.58 2.84 0.00% 74.71
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 17 4.12 7.05 0.00% 69.82
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり 片眼 13 3.00 8.00 0.00% 74.00
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり 片眼 - - 9.75 - -

※患者数10未満はハイフン(-)表示

当院の眼科では、白内障に対する水晶体再建術の患者様が多く入院されております。
白内障だけではなく、糖尿病の合併症に対する治療や緑内障、網膜剥離の治療も行っております。

耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢
030240xx01xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 扁桃周囲膿瘍切開術等 22 6.09 7.27 0.00% 36.73
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 19 3.63 7.89 0.00% 15.95
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 14 5.07 5.43 0.00% 33.71
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 - - 7.04 - -
030270xxxxxxxx 上気道炎 - - 4.96 - -

※患者数10未満はハイフン(-)表示

当院の耳鼻咽喉科では、一般的な耳・鼻・頚部などの治療を行っております。
MRIなどの検査も充実しており、扁桃炎、副鼻腔炎の症例が増加傾向にあります。

脳血管内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 13 20.77 16.18 84.60% 71.62
010070xx9910xx 脳血管障害 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 11 5.09 3.16 0.00% 71.09
010060x2990411 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 1あり 発症前Rankin Scale 0、1又は2 - - 18.22 - -
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 - - 16.16 - -
010060x2992401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 2あり 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 - - 18.50 - -

※患者数10未満はハイフン(-)表示

当院の脳血管内科は、脳梗塞の治療を多く行っており、カテーテルを使用し治療を行うことで、従来の開頭手術よりも患者様への負担軽減を図っております。
現在は、脳神経外科にて対応しております。

皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし 18 2.06 3.15 0.00% 76.28
080220xx97xxxx エクリン汗腺の障害、アポクリン汗腺の障害 手術あり - - 6.96 - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -

※患者数10未満はハイフン(-)表示

当院皮膚科では、眼瞼下垂手術とアポクリン汗腺に対する治療を行う患者様が多い傾向にあります。
どちらも平均在院日数が全国平均より短く、特に眼瞼下垂手術においては早期退院が見込まれます。

泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 副傷病なし 88 3.40 2.53 0.00% 68.41
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 64 8.61 7.20 0.00% 75.36
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術 手術・処置等1なし 副傷病なし 43 7.35 5.62 2.33% 62.47
110420xx02xx0x 水腎症等 経尿道的尿管ステント留置術等 副傷病なし 40 4.17 4.29 0.00% 70.70
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 29 9.83 12.58 3.45% 66.62

当院の泌尿器科では、悪性腫瘍や尿路結石など泌尿器科疾患に対し幅広い治療を行っております。
手術症例も近年増加傾向にあり、泌尿器系のがんの患者様に対して手術以外に放射線療法も行っております。
また、前立腺生検や内視鏡治療にも力を入れております。

循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1-1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 343 2.10 3.01 0.87% 68.16
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1-なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 299 3.21 4.47 1.00% 69.19
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1-なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 83 4.89 5.50 1.20% 71.72
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 82 18.65 17.66 13.41% 82.24
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1-2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 79 2.44 3.15 0.00% 72.87

当院の循環器内科では、狭心症に対するカテーテル治療目的の患者様が多く、心筋梗塞や心不全などの心疾患、閉塞性動脈硬化症などの血管系疾患の治療を行っております。
血管系疾患では、当院の心臓血管外科と連携を図り、適切な医療を提供しております。
平成25年よりフットケア外来を開設し、「足」の傷や潰瘍の治療にも積極的に行っております。

腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 39 10.87 12.05 7.69% 62.15
110280xx991x0x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1あり 副傷病なし 25 15.40 7.18 0.00% 61.16
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-1あり 副傷病なし 22 11.91 14.21 0.00% 68.45
100393xx99xxxx その他の体液・電解質・酸塩基平衡障害 手術なし 19 9.05 10.03 15.79% 80.11
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2-1あり 19 33.63 35.72 5.26% 65.89

当院の腎臓内科では、「慢性腎炎、慢性腎不全」の患者様が多く入院されています。
また、慢性腎不全の原因である慢性糸球体腎炎やネフローゼ症候群などの症例だけではなく、糖尿病による合併症に対する治療もしております。
血液透析や腎生検等も実施しており、腎臓外科と協力体制にて診療を行っております。

腎臓外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢
180040xx99x0xx 手術・処置等の合併症 手術なし 手術・処置等2なし 75 1.28 9.93 0.00% 67.95
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2なし 副傷病なし 24 8.29 8.75 4.17% 67.21
180040xx97x1xx 手術・処置等の合併症 手術あり 手術・処置等2-1あり - - 31.88 - -
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 12.05 - -
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2-1あり - - 35.72 - -

※患者数10未満はハイフン(-)表示

当院の腎臓外科では、腎不全により血液透析が必要となった患者様が多く入院しており、血液透析の際に穿刺する血管の狭窄や閉塞といったシャントトラブルに対しての治療を行っております。
また、透析の際に針を刺しやすいように皮膚の下へ動脈を移動させる手術なども積極的に行っております。

救急科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 49 11.63 12.58 8.16% 79.16
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 32 4.34 5.10 0.00% 66.91
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし A-DROP スコア2 19 9.11 15.17 15.79% 85.05
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2なし 副傷病なし 19 2.74 3.56 10.53% 43.89
100380xxxxxxxx 体液量減少症 18 5.94 9.12 27.78% 81.00

※患者数10未満はハイフン(-)表示

当院の救急科では、積極的に救急患者様を受け入れており、尿路感染症やめまい、肺炎など多岐にわたり治療を行っております。
必要に応じて各診療科へ振り分け、患者様に最適な医療を提供できるよう連携を強化しております。

血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 53 23.43 16.17 0.00% 73.91
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等2-2あり 15 42.33 40.13 0.00% 44.47
130030xx97x40x 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 12 39.08 32.36 16.67% 76.83
130030xx99x30x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2-3あり 副傷病なし - - 17.10 - -
130030xx99x50x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2-5あり 副傷病なし - - 13.75 - -

※患者数10未満はハイフン(-)表示

当院の血液内科では、白血病、悪性リンパ腫、特発性血小板減少紫斑病など血液疾患の治療を行っております。
また、化学療法などの治療も積極的に行っており、抗がん剤による副作用の軽減にも力を入れております。

糖尿病内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢
100070xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 85歳未満 37 9.16 11.05 0.00% 64.08
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2-1あり 副傷病なし 85歳未満 18 12.50 13.90 0.00% 69.28
100071xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 85歳未満 - - 11.54 - -
100070xx99x010 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病あり 85歳未満 - - 12.36 - -
100060xx99x000 1型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 85歳未満 - - 8.68 - -

※患者数10未満はハイフン(-)表示

当院の糖尿病内科では、1型糖尿病、2型糖尿病問わず治療を行っており、糖尿病の指導をメインとした教育入院も行っております。
また、糖尿病の合併症の治療にも力を入れ、フットケア外来、脳血管内科と併行して診察しております。

神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 - - 16.18 - -
010080xx99x001 脳脊髄の感染を伴う炎症 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 15歳以上 - - 12.09 - -
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 手術・処置等2 なし - - 6.24 - -
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 7.28 - -
010160xx99x10x パーキンソン病 手術なし 手術・処置等2 あり 定義副傷病 なし - - 19.73 - -

※患者数10未満はハイフン(-)表示

当院の神経内科では、内科等と連携し、パーキンソン病などの治療を行っております。

初発の5大癌のUICC病期分類別ならびに再発患者数

初発 再発 病期分類基準 版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 20 - 11 11 102 33 1 8
大腸癌 - 16 13 - 114 78 1 8
乳癌 18 19 - - 22 11 1 8
肺癌 108 22 65 29 116 92 1 8
肝癌 - - - - 20 12 1 8

病期分類基準 1: UICC TNM分類 / 2: 癌取扱い規約
※患者数10未満はハイフン(-)表示

がん患者様の初発・再発別の症例数です。
「がん」と診断され、初回治療を行った場合を「初発」、初回治療以外を「再発」と分類しております。
初発に関しては、UICC※の病期分類を基に5大癌をStage別に集計しております。

当院では、平成28年4月より大腸、肺、肝臓の3つの部位において「東京都がん診療協力病院」の指定を受け、がん患者数も近年増加しております。
外科的治療から化学療法、放射線治療まで多岐に渡り、がんの治療に努めております。
また、Stage分類の高い患者様に対する緩和ケアも積極的に行っており、心身の苦痛を少しでも和らげるために支援致します。

※UICCとは「Unio Intaemationalis Contra Cancrum」の頭文字をとったもので「国際対がん連合」を指します。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

患者数 平均在院日数 平均年齢
軽症 28 10.82 56.32
中等症 177 16.69 79.76
重症 58 19.57 84.55
超重症 35 18.77 80.86
不明 - - -

※患者数10未満はハイフン(-)表示

市中肺炎の患者様を重症度別に分類した件数です。
市中肺炎とは、病院以外で発症した肺炎を指します。

肺炎の重症度を「A-DROPスコア」で判定しております。
A-DROPとは5つのチェック項目の頭文字を合わせたもので、重症度スコア「0」を軽症(外来治療)、「1~2」を中等症(外来または入院治療)、 「3」を重症(入院治療)、「4~5」を超重症(ICU治療)として、推奨される治療環境を簡便に判断できるようにしております。

【A-DROPスコア】
  • A:Age(年齢)             男性70歳以上  女性75歳以上
  • D:Dehydration(脱水)     BUN21mg/dl以上又は脱水有
  • R:Respiration(酸素飽和度)  SpO2≦90%
  • O:Orientation(意識障害)   意識障害有
  • P:Pressure(収縮期血圧)     収縮期血圧90 mmHg以下

当院では中等症と診断される患者様が多く、全体の半数以上を占めております。
肺炎は日本の死亡原因第5位であり、重症度が高いほど平均年齢・在院日数ともに増加傾向にあります。

脳梗塞の患者数等

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 319 23.35 74.71 40.90%
その他 16 14.06 68.50 1.19%

※患者数10未満はハイフン(-)表示

脳梗塞を発症した患者様の件数です。
発症から来院までの日数を「3日以内」、「その他」に分類し、患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を集計しております。

90%以上の患者様が脳梗塞発症から3日以内に治療を開始しております。
当院では救急車による救急搬送件数も多く、緊急性の高い患者様が多く来院されております。
また、血栓溶解療法を施行することで早期治療、早期リハビリ介入することができており、脳梗塞による後遺症を残すことなく退院へ繋がるよう努めております。

診療科別主要手術別患者数等

内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) 12 24.92 18.00 41.67% 84.00
K386 気管切開術 - - - - -
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) - - - - -

※患者数10未満はハイフン(-)表示

当院の内科では、口から食事のとれない患者様などに対して高カロリー輸液を投与するためにカテーテルを挿入する「中心静脈注射用植込型カテーテル設置」や、 直接栄養を入れるために内視鏡を使って胃に穴をあける「胃瘻造設術」を施行しております。
これらの手術により長期的に安全かつ安定した栄養管理をすることができます。

消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 115 2.34 11.36 5.22% 75.84
K654 内視鏡的消化管止血術 64 2.02 8.56 7.81% 73.80
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの) 51 0.86 6.18 5.88% 70.04
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 42 11.21 9.64 4.76% 66.14
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 30 4.20 3.47 0.00% 75.07

当院の消化器内科では、閉塞的黄疸、胆管炎、総胆管結石などの胆道疾患に対するステント留置術・結石除去術や消化管出血に対する内視鏡的消化管止血術など、 各種内視鏡治療を幅広く行っております。

外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 201 1.30 2.54 1.49% 57.85
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 91 1.32 1.40 2.20% 69.56
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 65 4.45 14.45 7.69% 73.52
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 61 0.46 2.38 3.28% 41.20
K714-2 腹腔鏡下腸管癒着剥離術 35 2.40 10.17 5.71% 67.20

当院の外科では、胆石性胆のう炎に対する胆嚢摘出術が最も多く、次に鼠径ヘルニア手術、結腸悪性腫瘍切除術など多くの手術症例を扱っております。
腹腔鏡下での手術件数が多いのも特徴の一つで、患者様への負担の軽減、および術後の早期回復に寄与しております。
また、良性腫瘍から悪性腫瘍まで24時間365日体制で手術を行うことができます。

整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K0461 骨折観血的手術(大腿) 186 2.37 15.62 56.99% 79.69
K0462 骨折観血的手術(前腕) 147 1.98 5.18 3.40% 60.51
K0811 人工骨頭挿入術(股) 115 3.47 18.17 64.35% 83.96
K0483 骨内異物(挿入物を含む。)除去術(前腕) 83 0.99 1.88 0.00% 54.46
K0821 人工関節置換術(股) 78 2.03 20.26 12.82% 71.15

当院の整形外科では、高齢者に対しての手術が多く、骨折観血的手術や人工骨頭挿入術、人工関節置換術などを施行しております。
手術をしない場合は、長期入院が見込まれるため早期に手術されることを推奨しております。
ランク外ですが、肩関節の手術や手外科専門医による上肢から手関節の手術も積極的に行っております。
近隣のリハビリ病院への転院が多いため、転院率も比較的高くなっております。

脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 51 2.59 12.04 21.57% 76.82
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 27 1.85 33.07 25.93% 63.19
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他のもの) 17 5.53 41.59 23.53% 64.00
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの)(脳内のもの) 11 0.36 29.64 72.73% 71.27
K1642 頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの)(硬膜下のもの) - - - - -

※患者数10未満はハイフン(-)表示

当院の脳神経外科では、硬膜下血腫、脳梗塞などの治療に力を入れており、開頭手術からクリッピングまで幅広い手術が可能です。
また、脳腫瘍の手術も行っております。緊急入院が多いため術前日数が短く、高齢の患者様が多いため施設等へ転院が多い傾向にあります。

呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除によるもの)) 105 3.55 3.03 0.00% 34.75
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの) 69 3.19 10.33 2.90% 71.57
K5132 胸腔鏡下肺切除術(その他のもの) 18 4.17 10.06 11.11% 66.00
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 18 4.00 11.11 0.00% 76.61
K496-2 胸腔鏡下醸膿胸膜又は胸膜胼胝切除術 13 6.46 16.15 15.38% 65.31

当院の呼吸器外科では、気胸や膿瘍に対する手術を多く行っております。
また、肺癌に対しての手術症例も年々増加しております。
手術は主に胸腔鏡を用いて行っており、術後7日~10日程度で退院可能な状態となります。

心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 47 0.98 1.00 0.00% 65.00
K5612ロ ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 33 3.67 8.73 9.09% 76.30
K5612イ ステントグラフト内挿術(胸部大動脈) 23 5.52 14.09 4.35% 70.96
K5551 弁置換術(1弁のもの) 15 6.93 21.93 6.67% 74.60
K5601ニ 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。)(上行大動脈)(その他のもの) 10 4.80 17.60 30.00% 71.80

当院の心臓血管外科では、下肢静脈瘤に対する血管内焼灼術が最も多く、次に腹部・胸部大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術、弁膜症に対する弁置換術を行っております。
ステントグラフト治療は身体への負担が少ないため、在院日数も比較的短く、早期の退院が見込まれます。

産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡によるもの) 95 1.26 4.52 0.00% 41.95
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 87 4.37 6.80 1.15% 34.11
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 73 2.36 7.07 0.00% 32.60
K872-2 腹腔鏡下子宮筋腫摘出(核出)術 68 1.32 4.79 0.00% 41.90
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他のもの) 51 0.69 2.14 0.00% 44.96

当院の産婦人科では、卵巣、卵管の良性腫瘍の患者様に対して腹腔鏡下での腫瘍摘出術を多く行っております。
子宮筋腫の患者様に対する手術も多く、比較的大きいものでない筋腫に対しては、拡大を抑制するため子宮動脈の血管塞栓術を勧めることがあります。
また、分娩目的に入院される方が多いため帝王切開術が上位となっております。

眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 492 0.01 0.55 0.00% 74.59
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの) 43 0.53 3.07 2.33% 66.72
K2682 緑内障手術(流出路再建術) 12 0.00 0.92 0.00% 78.00
K279 硝子体切除術 - - - - -
K2684 緑内障手術(緑内障治療用インプラント挿入術)(プレートのないもの) - - - - -

※患者数10未満はハイフン(-)表示

当院の眼科では、白内障の手術である水晶体再建術が多く行われております。
日帰り、1泊2日、2泊3日の3種類のクリティカルパスがあり、基本的に1泊2日で片眼ずつの手術となります。
網膜剥離に対する「硝子体茎顕微鏡下離断術」や緑内障も対する手術も主なっております。

耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 22 0.55 4.55 0.00% 36.73
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 18 0.50 2.61 0.00% 18.00
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) - - - - -
K347-3 内視鏡下中隔手術Ⅰ型(骨、軟骨手術) - - - - -
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術) - - - - -

※患者数10未満はハイフン(-)表示

当院の耳鼻科では、慢性扁桃炎や扁桃腫瘍がある患者様に対する「扁桃周囲膿瘍切開術」を多く行っております。
他の手術症例と比べ、平均年齢が低いこと、早期に退院できることが特徴です。

皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 18 0.00 1.06 0.00% 76.28
K0081 腋臭症手術(皮弁法) - - - - -
- - - - - - -

※患者数10未満はハイフン(-)表示

当院の皮膚科では、眼瞼下垂に対する手術を最も多く行っております。その他にも皮下腫瘍の摘出術や腋臭症の手術を行っております。

泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 66 1.67 2.86 1.52% 72.03
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 61 2.10 5.59 0.00% 75.77
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザーによるもの) 42 3.05 4.00 2.38% 62.67
K841-21 経尿道的レーザー前立腺切除術(ホルミウムレーザーを用いるもの) 18 1.56 5.67 0.00% 67.39
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 15 2.93 10.40 0.00% 70.47

当院の泌尿器科では、開腹手術に比べ患者様への負担の少ない手術が多くなっております。
結石除去から膀胱癌手術など泌尿器疾患のあらゆる手術を行っております。

循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 219 1.95 2.41 1.83% 70.11
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 170 3.74 9.79 5.88% 72.66
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症に対するもの) 86 0.08 9.49 3.49% 69.42
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他のもの) 44 1.14 2.36 2.27% 68.09
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極の場合) 37 3.03 9.76 10.81% 79.78

当院の循環器内科では、主に急性心筋梗塞、狭心症、心房細動、下肢閉塞性動脈硬化症の治療を行っております。
心血管に狭窄を認めた患者様に対しては、主にカテーテル治療によりステントを留置し、下肢動脈に狭窄を認めた患者様に対しては、血栓除去術を行っております。
治療後も定期的に血管造影を行い、早期発見、早期治療に努めております。

腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K610-3 内シャント設置術 25 13.12 16.64 0.00% 60.60
K607-3 上腕動脈表在化法 17 11.59 17.00 5.88% 80.00
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -

※患者数10未満はハイフン(-)表示

当院の腎臓内科では、腎臓病の悪化により血液透析が必要と診断された患者様に対して、ご自身の静脈と動脈の血管を皮膚の下でつなぎ合わせる内シャント設置術を多く施行しております。
また、内シャントだけではなく上腕動脈表在化法や人工血管移植術も施行しております。

腎臓外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 108 0.01 0.16 0.00% 70.00
K610-3 内シャント設置術 16 0.00 2.38 6.25% 64.00
K607-3 上腕動脈表在化法 - - - - -

※患者数10未満はハイフン(-)表示

当院の腎臓外科では、腎不全により血液透析を実施している患者様に対し、定期的に血管造影を行っており、シャントや人工血管が狭窄または閉塞した場合には血栓を除去する「経皮的シャント拡張術・血栓除去術」を主に行っております。
新たに透析が必要となった患者様に対しては、「内シャント設置術」や「上腕動脈表在化法」を行っております。

その他
(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固 同一 - -
異なる 11 0.09%
180010 敗血症 同一 16 0.14%
異なる 52 0.45%
180035 その他の真菌症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・術後の合併症 同一 210 1.81%
異なる - -

※患者数10未満はハイフン(-)表示

医療の質向上を図る為、臨床上ゼロとはなりえませんが、少しでも改善すべきものとして定義される感染症および合併症の症例数及び発生率を示しております。
当院では、できる限り合併症を防ぐよう努めております。
また、合併症や感染症が発生した場合、各診療科が連携を図り対応しております。
手術・処置等の合併症に関しましては、「血液透析用の血管狭窄」、「術後感染症」等が挙げられます。

更新履歴

2019/9/25 平成30年度データ公開
2018/9/26 平成29年度データ公開
2017/9/27 平成28年度データ公開
2016/10/1 一部修正
2016/09/29 患者用パスを追加
2016/09/28 一部修正
2016/09/26 新規作成・公開
医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省)