当院は東京都板橋区にあるIMSグループの病院です。
厚生労働省臨床研修指定病院 日本医療機能評価機構認定病院 東京都がん診療連携協力病院

特診外来

特診外来・・・それぞれの疾患・症状に特化した診察・検査・治療・指導を行います。
特診外来名をクリックすると、詳細へリンクします。

高脂血症外来(内科)

血液中の脂質のうち、コレステロール・中性脂肪・リン脂質などのいずれかが標準値より高い患者さまを対象に治療を行っております。
担当医師 内科:平野 勉

甲状腺外来

担当医師 内科:伴 良行

フットケア外来

近年、糖尿病や高血圧、喫煙など生活習慣病に基づいた全身の動脈硬化疾患が増えています。心臓の冠動脈に動脈硬化が起これば心筋梗塞や狭心症、脳血管や頸部の血管の動脈硬化が起これば脳梗塞の原因になります。同様に下肢では閉塞性動脈硬化症(末梢動脈性疾患)となり、重症になれば足の壊疽を起こします。
また、末梢動脈性疾患の約6割に脳血管障害または冠動脈(心臓)疾患を合併しているとも言われています。足の傷や壊疽がある重症虚血肢という状態になると、大腸癌よりも予後が悪いとも言われています。
そこで我々は末梢動脈性疾患および足病変の早期発見・治療が重要と考え、H25年6月よりフットケア外来を開設いたしました。診療科の枠を超えて各科の専門医・看護師が協力して医療チームをつくり治療を行ってまいります。

肝臓専門外来

肝炎は症状のないまま死に至る静かな病気です。症状がなくても肝炎を指摘されたら専門医による専門的な検査・治療が必要となります。放置せずに早めにご相談ください。
担当医師 消化器科:市川 武

ソケイヘルニア外来

Kugel法 PHS法 Mesh Plug法などのtension-free method(術後の痛みの少ない手術)を採用しています。再発例や巨大なヘルニアには腹腔鏡下手術を施行しています。土曜日に手術を行い週明けに退院が可能です。

乳腺外科外来

乳腺外科医長上野 貴史

乳腺外科医長 上野 貴史

一次予防のため、二次予防である早期発見・早期治療が大切なのです。そのためにも触診だけを頼りにしない。つまりマンモグラフィー検診が早期発見の主体に移行しつつあるのです。
マンモグラフィーはシコリになる以前の触っても見つからないような初期のがんを発見するのに効果があります。しかしながら注意しなければならない点もあります。40代・50代の場合は発見しやすいのですが、若年者で乳腺の脂肪変性が少ない場合マンモグラフィーでは乳がんを見落とすこともあります。
マンモグラフィーを受けたからといって「私は大丈夫。」と思うのではなく、「今回は見つからなくて良かった」というように気を抜かずに定期的に検査されることが大切なのです。
専門医認定/資格など
  • 日本外科学会認定医・専門医

乳腺外科の手術について

受診当日にマンモグラフィーと乳腺超音波検査ができ(若年者では超音波検査のみ)、異常所見があればベッドサイドですぐに針生検を施行します。乳癌で手術が必要な場合10日以内の待ち時間で入院が可能です。 手術は乳癌手術約1200例の経験のある上野医師が行います。また外来化学療法室にて標準的な化学療法を行っています。当院は小回りがきくため緊急入院も随時可能であり、何かの場合も安心です。 待望の放射線治療装置が2013年秋から導入されます。いままで不便をおかけしましたが今後は当院ですべての治療が完結して施行可能となります。

習慣流産・不育症・不妊症外来

産婦人科主任部長石田 友彦

産婦人科主任部長 石田 友彦

正常な夫婦生活があって2年以上妊娠しない(不妊症)でご心配な方を対象に検査・治療を行っております。
専門医認定/資格など
  • 日本産科婦人科学会専門医・指導医
  • 産婦人科内視鏡学会技術認定医
  • 東京都医師会(東京産科婦人科医会)母体保護法指定医
  • 日本周産期新生児学会新生児蘇生法「専門」コースインストラクター
  • 日本女性医学会専門医

婦人科腫瘍外来

主として婦人科悪性腫瘍を対象に治療を行っております。
担当医師 産婦人科:石田 友彦・大橋 浩文

四次元超音波(4D)外来

お腹の中の赤ちゃんの顔つき、細かい表情や動きなど、3D・4D立体画像が4D超音波診断装置によって録画することができます。当院での対象時期は25週〜32週位で、最適な時期は28週~30週位の妊婦さんです。
ご家族の方々とご一緒に立体画像を見学されることも可能です。
詳しくはこちらをご覧ください。
※四次元超音波(4D)外来は休診とさせて頂いておりましたが、平成28年11月26日(土)より再開いたしました。完全予約制となりますので、ご希望の方は産婦人科外来までお問合せください。

人工股関節外来

整形外科診療部長 湯朝 信博

整形外科診療部長 湯朝 信博

股関節(足の付け根)の痛みに対する治療を行っております。
【このような症状でお困りの方】
◎股関節が痛む
◎股関節の動きが悪い
専門医認定/資格など
  • 日本整形外科学会整形外科専門医
  • 日本整形外科学会認定スポーツ医
  • 日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
  • 日本整形外科学会認定リウマチ医
  • 日本整形外科学会第7回研修指導者講習会受講
  • 厚生労働省第39回義肢装具等適合判定医師研修会修了
  • 臨床研修研究会平成11年度臨床研修指導医養成講習会修了
  • 東京都身体障害者福祉法指定医(肢体不自由の診断)
  • 厚生労働省認定難病指定医

腎臓外科外来

当外来では『患者さまを中心とした全員参加の医療』を心掛けております。
診療の内容は、
(1)末期腎不全の治療である腎臓移植および血液透析
(2)透析シャントトラブル手術、血管内治療
(3)その他の人工臓器による臓器不全の治療
(4)血球成分除去療法などの自己免疫疾患の治療
(5)敗血症に対するエンドトキシン吸着療法
などです。
今後も必要な医療を迅速に提供できるよう努力いたします。よろしくお願いいたします。

腎臓病センターのご案内

腎臓病センター

常勤医師のご案内

腎臓外科診療部長 川瀬 友則

腎臓外科診療部長 川瀬 友則

専門分野
  • 腎不全の外科治療
  • 臓器移植
専門医認定/資格など
  • 日本外科学会認定医・専門医
  • 日本透析医学会認定医・専門医・指導医
  • 日本臨床腎移植学会腎移植認定医
  • 東京都身体障害者福祉法指定医(腎臓機能障害の診断)
医員 専門分野 専門医認定/資格など
浦島 良典 腎不全の外科治療  

腎移植相談外来

当院では末期腎不全治療の一つとして腎移植を行っております。
主に透析治療中の患者さまおよび透析治療開始前の患者さまを対象に、腎移植術について説明を聞いていただくことが可能です。
是非ご利用ください。※予約制です
TEL.03-3967-1181(代表)
担当医師 腎臓外科診療部長 川瀬 友則

男性不妊症外来

泌尿器科診療部長 坂本 英雄

泌尿器科診療部長 坂本 英雄

男性不妊症・副腎腫瘍などの泌尿器内分泌疾患に対しては診断・手術から外来診療まで 一貫して行い、近隣の産婦人科・内科・泌尿器科開業医の先生方との医療連携も積極的に行っております。
専門医認定/資格など
  • 日本泌尿器科学会専門医・指導医
  • 日本透析医学会認定医・指導医
  • 日本性機能学会専門医
  • 日本生殖医学会生殖医療指導医
  • 日本泌尿器内視鏡学会日本泌尿器腹腔鏡技術認定制度認定医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
  • 日本アンドロロジー学会評議員
  • 日本Men's Health医学会評議員
  • 厚生労働省がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会終了
  • 東京都身体障害者福祉法指定医
    (じん機能障害、膀胱又は直腸機能障害の診断)
  • 厚生労働省認定難病指定医

小児循環器外来

先天性心疾患・不整脈などの心臓病のお子さまや、学校検診で詳しい検査が必要と言われたお子さまを対象に診察いたします。
担当医師 帝京大学医学部小児科学 教授:柳川 幸重

小児腎臓外来

腎臓病のお子さまや、学校検尿・検診などで血尿・タンパク尿と指摘されたお子さま。
夜尿症(おねしょ)が気になるけど.. 早期治療によってその予後を改善しましょう。
担当医師 小児科:香坂 隆夫

緩和ケア外来

休診中

がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了医師一覧

平成29年4月現在
精神科  
血液内科 安並 毅
呼吸器内科 高尾 匡
塙平 孝夫
四竃 純
榎本 優
消化器内科 市川 武
佐々木 洋
腎臓内科 安野 江美
外科 松本 浩次
鈴木 淳一
吉村 雪野
黒田 悠
呼吸器外科 小林 零
産婦人科 佐賀 絵美
泌尿器科 坂本 英雄
放射線治療科 大浦 祐子
麻酔科 済川 由美