当院は東京都板橋区にあるIMSグループの病院です。
厚生労働省臨床研修指定病院 日本医療機能評価機構認定病院 東京都がん診療連携協力病院

整形外科

診療科紹介

診療科紹介

整形外科領域全般を扱っておりますが、特に急性期の医療、重症で手術を要する方の治療を中心に行わせていただいています。
部位別では関節外科、手の外科、マイクロサージャリーを主力として診療を行っています。
関節外科では股関節の関節温存手術(股関節形成術)として各種骨きり術、人工股関節置換術、膝関節の関節鏡手術や人工膝関節置換術を中心に行っております。
手外科では腱断裂に対する縫合、末梢神経損傷に対する治療、血管損傷に対する治療などを中心に行っています。
マイクロサージャリーの技術により手指の切断例に対する再接着術(指をつなげる手術)も行っております。
高齢化に伴い、骨折治療における合併症対策などの必要が生じています。各診療科との協力体制をもとに、全身管理を重視した治療を行っています。
また早期の機能回復や社会復帰を目指し、手術直後からのリハビリテーションにも取り組んでおります。

Doctor’s Introduction

Doctor’s Introduction

各診療科の紹介、主な対象疾患、実施可能な検査・治療、医師紹介などをPDFでご覧いただけます。
地域医療連携室サイトよりダウンロードしてご利用ください。

主な対象疾患・検査・治療

主な対象疾患

股関節、膝・スポーツ医学・脊髄、手外科に分けて広い疾患領域をカバーしています。
また、外傷を中心とした運動器疾患のプライマリーケアも行っています。

  • 変形性股関節症
  • 大腿骨頭壊死
  • FAI
  • 変形性膝関節症  など

実施可能な検査・治療

  • 関節鏡検査および手術(膝関節、股関節、肩関節)
  • 小侵襲人工関節手術(股関節、膝関節)
  • マイクロサージェリー
  • その他外傷に対する小侵襲手術  など

常勤医師の紹介

整形外科診療部長湯朝信博

整形外科診療部長 湯朝信博

  • 専門分野
    • 股関節外科
    • 肘関節
    • 人工関節
  • 専門医認定/資格など
    • 日本整形外科学会・日本専門医機構整形外科専門医
    • 日本整形外科学会認定スポーツ医
    • 日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
    • 日本整形外科学会認定リウマチ医
    • 日本整形外科学会第7回研修指導者講習会受講
    • 厚生労働省第39回義肢装具等適合判定医師研修会修了
    • 臨床研修研究会平成11年度臨床研修指導医養成講習会修了
    • 東京都身体障害者福祉法指定医(肢体不自由の診断)
    • 厚生労働省認定難病指定医

救急医長橋場 伸一郎

救急医長 橋場 伸一郎

  • 専門分野
    • 関節外科
    • 外傷外科
  • 専門医認定/資格など
    • 日本整形外科学会・日本専門医機構整形外科専門医
    • 日本麻酔科学会認定医
    • 厚生労働省麻酔科標榜医
    • 東京都身体障害者福祉法指定医(肢体不自由の診断)
    • 厚生労働省認定難病指定医
    • 日本整形外科学会第13回研修指導者講習会受講

医員久留 隆史

久留 隆史

  • 専門分野
    • 股関節外科
  • 専門医認定/資格など
    • 日本整形外科学会専門医
    • 厚生労働省認定難病指定医

医員岩城 啓修

岩城 啓修

  • 専門分野
    • 手外科疾患
  • 専門医認定/資格など
    • 日本形成外科学会専門医
    • 日本手外科学会専門医
    • デュピュイトラン拘縮研究会デュピュイトラン拘縮酵素注射療法適正使用講習修了

医員岡部 高弘

岡部 高弘

  • 専門分野
    • 関節外科
  • 専門医認定/資格など
    • 日本整形外科学会・日本専門医機構整形外科専門医
    • 日本整形外科学会認定スポーツ医
    • 日本整形外科学会認定リウマチ医
    • 日本体育協会公認スポーツドクター
    • 日本障害者スポーツ協会公認障害者スポーツ医
    • 東京都身体障害者福祉法指定医(肢体不自由の診断)
    • 厚生労働省認定難病指定医

医員門磨 知恵子

門磨 知恵子

  • 専門分野
    • 整形外科一般
  • 専門医認定/資格など
    • 日本整形外科学会専門医
    • 日本整形外科学会第7回研修指導者講習会受講
    • 日本外傷診療研究機構JATECコース履修
    • 厚生労働省認定難病指定医

医員井坪 広樹

井坪 広樹

  • 専門分野
    • 整形外科一般
  • 専門医認定/資格など
    • 日本整形外科学会専門医
    • 厚生労働省認定難病指定医

医員加藤 高英

加藤 高英

  • 専門分野
    • 整形外科一般
  • 専門医認定/資格など

医員宮下 恒平

宮下 恒平

  • 専門分野
    • 整形外科一般
  • 専門医認定/資格など

医員熊﨑 礼

熊﨑 礼

  • 専門分野
    • 整形外科一般
  • 専門医認定/資格など

人工股関節外来

からだに負担の少ない股関節治療 〜早期社会復帰に向けて〜

このような症状でお困りの方
  • 股関節が痛む
  • 股関節の動きが悪い

『小侵襲人工股関節置換術』(MIS-THA)導入について

4月より当院で筋肉、腱を一切切らない小侵襲人工股関節置換術(MIS-THA)を行っておりますので紹介いたします。
人工股関節置換術は変形性股関節症や、大腿骨頭壊死など股関節の痛みが強く、股関節の変形が著しい時に行われる手術です。
人工股関節置換術を施行する際に少しでも体に負担がないように行おうと考えられた手技が、小侵襲人工股関節置換術です。歴史的には1988年ごろから、当初は傷を小さくすることから始まりました。少しでも傷を小さくしようとするために逆に筋肉を傷つけてしまったりしていましたが、次第に手術手技、手術機械が改良され、傷を小さくすると同時に筋肉に対する損傷を少なくすることができるようになりました。
手術翌日から、発熱などの全身状態の問題がなければ、体重をかけて歩行訓練を行っています。この方法は、傷が単に小さいばかりではなくて、まったく筋肉を切らないため、術後の開腹は著しく早い方法です。また、感染例の報告もなく、手術における合併症の少なさも特徴です。


早期社会復帰を目指す

手術後、1週間以内に杖なし歩行が可能な方が約半数で、退院後、家の中では杖なしで行動できることを目標としており、当院の退院の目安はT字杖歩行50秒程度で50m歩行が可能であること、杖なしで20mを20秒程度で歩行できることとしております。2週間以内に達成できる方は約97%と非常に高くなっております。


小侵襲人工股関節置換術の流れ

以前は筋肉のある方向からメスを入れて手術を行っていたため、筋肉を傷つけてしまっていましたが、小侵襲人工股関節置換術では筋肉を傷つけずに手術を行うため、術後の痛みも大幅に軽減されます。


小侵襲人工股関節置換術の流れ 疾患のある股関節→骨の損傷面を取り除く→代わりの人工関節を固定

手術前、手術後の股関節の状態です。

手術前、手術後の股関節の状態
傷あとの小さな手術

小侵襲人工股関節置換術の場合は、従来の手術方法に比べて、傷あとが小さくて済みます。
大きさは、人工関節がやっと入る大きさの約7cm程度です。


傷あとの小さな手術 小侵襲人工股関節置換術の傷あとの大きさは、従来の手術方法の3分の1程度です!
お問い合わせ先 担当医 湯朝 信博 医師
板橋中央総合病院 整形外科まで 03-3967-1181(代)