板橋中央総合病院
板橋中央総合病院 脳卒中の治療 トップ

はじめに

脳卒中は脳に酸素や栄養を送っている血管がつまったり、破れたりして脳細胞が死んでしまう病気です。 突然手足の麻痺やしびれが出たり、言葉がしゃべれなくなったり、意識がなくなったりします。国内の死亡原因では、がん、心臓病、肺炎に次いで第4位です。後遺症が残り、生活が困難となる方もいらっしゃいます。脳卒中は早期診断、早期治療が重要です。

こんな方は外来受診をおすすめします

  1. 脳卒中が心配な方
  2. checked 糖尿病、高血圧等の動脈硬化危険因子をお持ちの方
  3. checked 脳梗塞、脳内出血(脳梗塞、脳内出血の跡がある)と言われた方
  4. checked 特に頚動脈が細いと言われた方
  5. 動脈瘤が心配な方
  6. checked 脳動脈瘤、くも膜下出血が心配な方
  7. checked CT検査、MRI検査等で脳動脈瘤等を指摘された方

頚動脈狭窄や脳動脈瘤が他の病院、脳ドックなどですでに見つかった方でなくても構いません。心配なので相談したいという方、是非受診してください。異常の有無、治療方針を一から調べさせていただきます。

ページの先頭へ戻る

IMSグループ 医療法人社団明芳会 板橋中央総合病院  〒174-0051 東京都板橋区小豆沢2-12-7 TEL.03-3967-1181(代表)