当院は東京都板橋区にあるIMSグループの病院です。
厚生労働省臨床研修指定病院 日本医療機能評価機構認定病院 東京都がん診療連携協力病院

脳血管内科

診療科紹介

診療科紹介

2014年(平成26年)6月に新設された脳血管内治療を中心とする診療科です。開業医の先生や、回復期リハビリ病院、維持期病院の先生と連携し、地域全体の脳卒中診療レベルの向上に貢献したいと考えています。

脳血管内治療とは?

脳血管内治療とはカテーテルと呼ばれる細い管を足の付根、または腕から血管内に挿入して、血管の内側から病気を治療する技術です。最近テレビの特集番組でも見る機会が増えました。 心臓領域は有名で、風船等を用いて冠動脈と呼ばれる心臓の血管を治療します。脳血管内治療は、このカテーテルの技術を用いて脳血管の治療を行います。 従来の開頭手術と違って頭を切らないため、全身麻酔をかけずに治療することも可能な事が多く、開頭手術に比べて身体の負担が小さい治療法です。

メリット・デメリット

メリット
  • 開頭手術と比べて、患者さまへの負担が少なく、高齢者や合併症をもった方にも施行可能
  • 治療後の安静や入院期間が短い
  • 外見的に頭を傷をつけない
  • 局所麻酔でも施行可能
デメリット
  • 脳血管の損傷など合併症の発生時には、重大な後遺症を残すことがある
  • 脳血管の動脈硬化の程度が強く、屈曲蛇行が著明な場合には、治療困難である
  • 新しい治療法のため、長期成績が確立されていない

こんなことができます!

つまりかけた血管をひろげ、脳梗塞を防ぐ
  • 急性期脳梗塞への血栓溶解や風船治療等
  • 頚動脈狭窄等、細くなった動脈へのステント留置
破れた(破れそうな)血管を処置し、出血を防ぐ
  • くも膜下出血への脳動脈コイル塞栓
  • 未破裂脳動脈瘤コイル塞栓術
  • 血管奇形等の異常血管の塞栓術

こんな方は外来受診をおすすめします

頚動脈狭窄(細くなった部分)や脳動脈瘤が他の病院、脳ドックなどで既に見つかった方も、見つかっていない方でもかまいません。
脳卒中や脳動脈瘤が心配なので相談したいという方、是非受診してください。異常の有無、治療方針を最初から調べさせていただきます。



Doctor’s Introduction

Doctor’s Introduction

各診療科の紹介、主な対象疾患、実施可能な検査・治療、医師紹介などをPDFでご覧いただけます。
地域医療連携室サイトよりダウンロードしてご利用ください。

主な対象疾患・検査・治療

主な対象疾患

  • 脳卒中、特に脳梗塞や一過性脳虚血発作
  • 頚動脈等の頭頸部血管狭窄
  • 脳動脈瘤

実施可能な検査・治療

  • CT
  • MRI
  • 脳血流シンチ
  • 頚動脈エコー
  • 経胸壁心エコー
  • 経食道心エコー
  • 脳血管造影
  • 脳血管内治療

脳血管内科よりご案内

専門サイトのご案内

「脳卒中の治療」についての専門サイトがございますので、是非ご覧ください。

脳卒中の治療

常勤医師の紹介

脳血管内科診療部長泉本 一

脳血管内科診療部長 泉本 一

  • 専門分野
    • 脳卒中全般
    • 脳血管内治療
  • 専門医認定/資格など
    • 日本内科学会認定内科医
    • 日本神経学会専門医・指導医
    • 日本脳血管内治療学会専門医
    • 東京都身体障害者福祉法指定医(肢体不自由の診断)

NCDについて

NCD

当科は、一般社団法人National Clinical Database(NCD)が実施するデータベース事業に参加しています。
詳しくはこちらをクリックしてください。